売れない小松菜たち…

昨日のぴょんぴょん広場で、主人が栽培した虫食いだらけの小松菜を売ってみました。
確かに売り方もイマイチだったと、反省しています。
でも…。ちょっと考えることがありました。
たしか、一昨年のことです。人参とブロッコリーを販売した時は、あっという間に売れたのに白菜を四分の一にカットした物と、大根も二分の一にカットした物は全く売れませんでした。ところが、昨年の今頃には、新じゃがいもと玉ねぎをセットにして販売した時は、飛ぶように売れました。
私なりの分析ですが、もしかして和食より洋食の献立が多い?

まあ、確かに今の時代はお米の消費量は戦後最低です。
米を作る農家の1人としては、とても残念ですがお米は不人気です。
ですが、お米を中心にした和食は健康食だと自負しています。
我が家は、毎朝「いりこ」でだしを取った味噌汁と玄米ご飯です。

デスクワークで脂肪がついてしまった主人の体重も、ここのところ減少しはじめました。
玄米菜食で低カロリー食の実践の効果が出てきました。

どうでしょうか。
ちょっと、毎日の食卓に上る野菜の種類を数えてみませんか?
そして、昔から日本人が食べてきたお米・魚・野菜・大豆・海藻でヘルシーご飯に変えましょう!

安い野菜はなぜ安いのでしょうか?
虫食いの野菜はなぜ虫がついているのでしょうか?

安くてキレイな野菜は本当に身体に良いのでしょうか?
立ち止まって考えて、本物の食べ物を口にしてみましょう。自らへの奮起として。。。



スポンサーサイト
プロフィール

ぴょんぴょん畑

Author:ぴょんぴょん畑
妻は農家で生まれ育ちました。私はまさか農業をするようになるとは夢にも思っていませんでしたが、妻の両親が高齢で農業ができなくなり、妻の手伝いのような形で農業を始めるようになりました。たまたま、その時の仕事が生協での農産物のバイヤー(企画、買い付けなど)だったこともあり、農業のことは理解していたつもりでしたが、買うのと作るのでは大変さが違いました。それでも私たちは地域の田畑が年々姿を消しつつあることに日々憂えていて、農的暮らしを理想に持って実践することにしました。まだまだ農家初心者の妻と私ですが、農業の力を信じて、地域や教育に生かす何かを探して日々励んでいます。

ぴょんぴょん畑

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
RSSフィード